rss

Twitter and Mail Zine
Twitterはこちらへどうぞ

ライブや新曲、テルミンminiの情報お届けいたします。ご希望の方はアドレスを登録してください。
CD NOW ON SALE


テルミン・アルバム
「電子音」発売中









Login
ID:
PASS:
 
Admin Login
PASS:
 

テルミンの歴史

世界最古の電子楽器(単音楽器)テルミンは1920年、ロシアの物理学者レフ・テルミン(1896-1993)によって発明されました。

テルミンの特徴は楽器に直接触れる事はせず、空間に置いた両手の動きによって演奏するというものです。楽器に備え付けられた二本のアンテナの周囲には微弱な電磁場が形成されており、手を近づけたり遠ざけたりする動作により電磁場を干渉、音高、音量の変化を導き出します。

アンテナに手をかざすと「ウィ〜ン」「ヒュイ〜ン」という音を奏でます。右手の細かな振動によるビブラート奏法によるサウンドは、女性のコーラスにもチェロのサウンドにも似た、非常に人間的で温かなものです。

この電子楽器テルミンが登場した事により、その意思を受け継いだ技術者達が、次々と進化させて、新しい楽器をを生み出してゆく事になるのです。


【資料参考:フレンズ・オブ・テルミン】


Dr.Theremin